第47回中部大会

2019年12月7日(土) 13:00-17:50  

愛知淑徳大学星が丘キャンパス 1号館3B
 

住所:〒464-8671 名古屋市千種区桜が丘23
地下鉄 東山線「星ヶ丘」駅下車3番出口 左折
愛知淑徳大学星が丘キャンパスマップ
https://www.aasa.ac.jp/guidance/campus_guide/hoshigaoka.html 

 

11:30-12:40 中部支部幹事会(愛知淑徳大学星が丘キャンパス1号棟13A)
                             関西支部幹事会(愛知淑徳大学星が丘キャンパス1号棟13E)
********************

 

                                                               大会進行:若松 伸哉(愛知県立大学)


13:00 開会の辞: 平林 美都子(愛知淑徳大学) 13C
 

13:10-15:15 研究発表(発表20分、質疑応答10分)
                             第2発表後5分休憩 第3発表14:15より
第一室(13B)
1.「ジェンダーを翻訳する―――明治翻訳家政書の「家族」「家庭」をめぐる言説とその変容」
発表: 山田 千聡(愛知淑徳大学)
司会: 松本 三枝子(愛知県立大学名誉教授)
2.「小説における花の役割―――「愛妻の死」の比較文学」
発表: 豊田 里絵 (愛知県立大学・院生)
司会: 荘中 孝之(京都外国語短期大学)
3.「『豊饒の海』「春の雪」における根底を流れる意味ネットワークの破壊」
発表: 寺浦 麻由(大阪大学・院生)
司会: 荘中 孝之(京都外国語短期大学)

 

第二室(13C)
1.「越境するノスタルジア―――青木正児『江南春』をめぐって」
発表: 郭 立欣(名古屋大学・院生)
司会: 星野 幸代(名古屋大学)
4
2.「戦後日本における『聊齋志異』 の受容と変容
発表: 陳 潮涯(大阪大学招聘研究員)
司会: 中 直一(大阪大学)
3.「日本人作家が描いた三・一独立運動―――中西伊之助「不逞鮮人」を
中心に」
発表: 原 佑介(立命館大学)
司会: 中 直一(大阪大学)

 

第三室(13D)
1.「70年代少女マンガにおけるギムナジウム文化の受容」
発表: 尾関 未紗(金城学院大学・院生)
司会: 小松 史生子(金城学院大学)
2.「戸坂潤における翻訳と世界文学論」
発表: 中井 祐希(立命館大学・院生)
司会: 佐々木 英昭(龍谷大学)
3.「『東は東、西は西』―――E. P. Hughesと安井てつの間の‘gulf’」
発表: 小橋 玲治(東京成徳大学)
司会: 佐々木 英昭(龍谷大学)
4.「日本文化における「今」と「ここ」―――詩的、文学的な伝統に根ざした
現象学的思想」
発表: ジュリー・ブロック(京都工芸繊維大学)
司会: 佐々木 英昭(龍谷大学)

 

 

15:20-17:40 シンポジウム (13C)
「クィアネスとLGBT」
司会・パネリスト:愛知学院大学 岩田 和男
パネリスト:愛知県立大学 梶原 克教
パネリスト:立命館大学 三須 祐介
ディスカッサント:立命館大学・院生 宮田 絵里
17:40 閉会の辞: 中川 成美(立命館大学)
17:50 終了

 

********************
 

18:10-20:00 懇親会 司会: 林 正子(岐阜大学)
(星ヶ丘「窯バル&CUORE」名古屋市千種区星が丘山手911サンホシガオカ4F)
【日本比較文学会会員以外の方々のご来場も歓迎いたします。】

※発表要旨、シンポジウム要旨等詳細は、Newsletter 23をご覧下さい。            

 

 

Copyright (C) Chubu Branch,Japan Comparative Literature Association All Rights Reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now