院生ワークショップ 毎年2月ごろ開催

随時参加者を募集しています

 

中部大会で研究発表をするのは、まだまだ敷居が高いと感じている大学院生の皆さんにも、気軽に参加してもらえる機会です。通常は指導を受けることが出来ない他大学の教員たちからも、アドバイスを受けるよい機会となりますので、積極的にご参加下さい。

 

発表希望者は中部支部事務局 (ksugiura@lets.chukyo-u.ac.jp) まで、発表要旨(日本語400字程度)をお送り下さい。

★日本比較文学会に入会していなくても可。
・前期課程、後期課程を問いませんが、応募者多数の場合は、前期課程を優先します。
   理由:前期課程学生は、学会で研究発表資格がない場合が多いため。
・発表の可否は、2月10日頃までに本人にメールで通知します。  

 *修論の構想発表を発展させた内容、または提出した修論の一部の内容で構いません。
 *一人の発表時間:25分程度